_steam01.png
pylon01.png
pylon02.png
​難しい先端を上手に接着するためのヒント。
​道具を使って接着をアシスト。
アームの先端どうしの接着では、先端どうしを強制的に近づけてくっつけることになります。あらかじめアームの付け根に棒やすりで溝を入れ、アームを内側に曲げやすくしておくと、先端どおしが近づいて効果的ですが、それでも先端どうしは離れてしまいやすいもの。

そのため、接着するまで先端どうしをはさんでおく必要がありますが、指だと不安定で先端どうしがずれてしまいやすく、また、ほかの作業ができなくなります。
そこで、クリップのようなモノをはさんでおける道具を使います。アームの先端どうしが近づいたままになるので、接着を助けます。はさむ面に接着剤がついてしまわぬよう注意しながら、完全に接着するまではさんでおきます。
003.png
002.png
004.png
はさむ両側の部分どうしがズレにくい道具だと、安定的に押さえられる。また、はさむ部分が長いと複数のアームを押さえておける。数ある道具のなかでは目玉クリップがベスト!