手を振るSTEAM先生.gif
​STEAMで学ぶ・BILLYの塗装
「STEAMで深まるナローゲージディーゼル機関車キット」では、おもにペーパー(紙)でできたパーツどうしを接着するなどして、ディーゼル機関車BILLYを組み立てていきます。組み立て以外に、もっと作業を味わいたいという人は、「ボディパーツに塗装をする」ことで、自分のセンスや好みどおりの色にして、もう一段、楽しむこともできます。本塗りでは塗料として「溶剤系・ラッカー系」とよばれる種類の塗料か、「水性系・アクリル系」とよばれる種類の塗料を選びます。なお、塗装をする場合は、ボディパーツに窓ガラスやマフラー・ヘッドライトを付ける前の段階でおこないます。
billy24.png
steam21.png
本塗りをする前に「サーフェイサー」とよばれる下塗り剤をボディーにまんべんなく塗ります。

サーフェイサーは、本塗りするパーツ表面の細かなキズや凹凸などを均して本塗りの塗料の食いつきをよくし、また、本塗りでの発色をよくするなどの目的で使う下塗り剤です。「サーフェイサー」(Surface)は、「表面」(Surface)という英語に由来します。

たいていのサーフェイサーの製品には、タルクとよばれる鉱物を粉にしたものが含まれています。おもに、このタルクの粉末が、パーツ表面の細かなキズや凹凸を埋めて均す役割を果たします。

下塗りをするという点では、「ナローゲージ箱トロ真ちゅうはんだ付けキット」で使う「プライマー」と似ています。プライマーが塗られる側の材料をまずはよい状態にすることを重視したものであるのに対し、サーフェイサーは本塗りの仕上がりをよりよい状態にすることを重視したものといえます。

サーフェイサーには液体の製品もありますが、ペーパーのパーツに薄く均一に下塗りするのには、スプレー式のサーフェイサーが向いています。スプレーしたところにサーフェイサーのグレーの色が塗られるので、塗られていない部分がないかを確かめながら、何度かスプレーを重ねていきます。
billy-colour03.png
billy-colour07.png
サーフェイサーを塗っているところ。運転室の内側は塗装しないという場合は、運転室の内側にティッシュペーパーなどを入れておくと、サーフェイサーがかかるのを避けられる
サーフェイサーを塗り終えたら、よく乾燥させます。塗った直後に見られるツヤが完全になくなっていることが、乾燥したことの目安となります。

塗装の作業は、十分に換気をよくしておこなってください。
billy11.png
steam22.png
本塗りの選択肢のひとつが、水性系・アクリル系の塗料を使うことです。図画工作などの授業でもよく使う、水で溶かして薄めて塗る「アクリル絵の具」が代表例です。

おもに水が、色のもととなる顔料や、表面を保護するアクリル樹脂などの塗膜成分を溶かしており、水に溶けやすいことから「水性系」とよばれます。またアクリル樹脂が使われることから「アクリル系」ともよばれます。

臭いがほとんどなく、また、筆の掃除も水で洗い流せばよいなど、扱いが簡単です。一方で、溶剤系・ラッカー系にくらべて乾燥するまでの時間がかかります。

筆塗りでは、塗料・絵の具が塗るパーツと接触する面を意識して使うと、余計な部分を塗ってしまうのを抑えることに近づけます。また一度の動作中は、返さず一方向に走らせると、ムラができにくくなります。
接触面
billy-colur02.png
常に塗料とパーツ表面が接触する部分を意識して塗装する
屋根と屋根以外を塗り分ける場合は、一方が完全に乾燥してから、もう一方を塗ります。
steam30.png
溶剤系・ラッカー系は一般的に、色のもととなる顔料や、表面を保護するための合成樹脂などの塗膜成分を溶かし混ぜておく液体として、シンナーなどの有機溶剤を使う種類のものです。水性系・アクリル系の塗料よりも乾燥が早く、また、塗膜成分の分子どうしの結びつきが強いため、強固に塗装できます。「箱トロ真ちゅうはんだ付けキット」のページもご覧ください。

溶剤系・ラッカー系でも、水性系・アクリル系とおなじく筆で塗装することもできますが、表面の塗りをよりきれいに仕上げるため、スプレー塗料を吹きかけて塗装するのも手です。
billy13.png
billy07.png
billy05.png
屋根と屋根以外を別の色で塗り分ける場合、まず薄いほうの色ですべてスプレー塗装し、十分に乾かします。そして、濃いほうの色にしない部分をすべてマスキングテープで覆ってから、濃いほうの色を塗り重ねます。
billy-colour05.jpg
billy-colour06.png
マスキングの一例
steam31.png
機関車などの実車が長いこと雨風にさらされながら使われつづけると、表面の一部が黒ずんだり、サビが生じたりします。このような「使い込まれた感じ」を組み立てた模型でも再現するため、本塗りが完全に乾燥したら、「ウェザリング」とよばれる汚し塗装をほどこすのも手です。

スミ入れ用などの塗料をごく少量、筆などの先端につけ、立体形状の溝などのホコリや汚れが溜まりやすいところをさっと塗っていきます。

「ウェザリング」(Weathering)は、「風化する」などの意味ももつ英語の「ウェザー」(Weather)に由来します。
billy-colour04.png
billy-colour08.png
ウェザリングをほどこしているところ
塗装+ウェザリング.png
english20.png
塗装+ウェザリング03.png
billy-orange.png
billy-yellow-zebra.png
billy-green.png
billy-red-green.png
billy-blue-white.png
billy-blue.png

AS YOU WISH!!